2019年2月23日(土)

トランプ氏、民主候補次々攻撃 クロブシャー議員出馬表明

トランプ政権
北米
2019/2/12 5:12
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】トランプ米大統領が、来年の大統領選に名乗りをあげた民主党候補を次々と攻撃している。10日には中西部ミネソタ州選出の民主党上院議員で穏健派とされるエイミー・クロブシャー氏が立候補を表明。トランプ氏は即座にツイッターで、雪の中で演説したクロブシャー氏を「雪だるまのようだった」とからかった。

10日、米大統領選への出馬を表明した民主党のクロブシャー上院議員(ミネソタ州ミネアポリス)=ロイター

クロブシャー氏は地元ミネソタ州ミネアポリスで演説。米国社会の分断の修復を呼びかけ、気候変動対策への取り組みなどを公約した。トランプ氏は「エイミー・クロブシャーは雪と氷、極寒の嵐の中で、地球温暖化との戦いを得意げに語っていた。タイミングが悪い」と批判した。

トランプ氏は9日に正式に立候補を表明したエリザベス・ウォーレン上院議員に対しても同日、ツイッターで「初の米国先住民大統領候補として出馬するつもりか」と皮肉った。ウォーレン氏は公的文書に自分の人種を「米国先住民」と申告していたことが批判を受けている。

1日に出馬表明したコリー・ブッカー上院議員については、CBSテレビのインタビューで「全く見込みがない」と一蹴。民主党候補に関して「(脅威を感じる候補は)今のところ誰もいない。顔ぶれに感心していない」と語った。来年の大統領選で再選をめざすトランプ氏は、出馬表明が相次ぐ民主党候補に早くも対決姿勢をあらわにしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報