/

この記事は会員限定です

米中貿易協議、次官級で開始 知財など構造問題詰め

合意事項の履行検証も焦点に

[有料会員限定]

【北京=原田逸策】米中両政府は11日、北京市内で次官級の貿易協議を始めた。中国の構造問題を中心に意見を交わすとみられる。合意事項を中国側がきちんと履行したかを検証する枠組みをどうつくるかも焦点になる。14、15日に開く閣僚級協議に向け、両者の隔たりをどこまで埋められるかが注目される。

米中協議は1月30、31日に閣僚級でワシントンで開いて以来となる。

米通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン