/

この記事は会員限定です

精密・電機各社、再生医療に照準 成長市場に技術転用

[有料会員限定]

精密機器・電機各社が再生医療に照準を合わせている。ニコンは細胞の製造受託事業を拡大するなどして企業の再生医療ビジネスを後押しする。ソニーはブルーレイ・ディスクの技術を転用する。異業種参入で競争が激化すると同時に、世界中で技術の実用化が進んでいる。2019年は再生医療の普及をにらんだ企業の動きがいっきに進む節目の年となりそうだ。

再生医療は人の組織や臓器を再生して機能を復活させる医療で、病気の治療や傷ついた体の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン