/

この記事は会員限定です

英FTA、貿易の7割→1割未満に 合意なき離脱なら

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】英国が欧州連合(EU)と合意なく離脱した場合、英国の貿易額に占める自由貿易協定(FTA)締結国などの割合が、現行の約7割から1割に届かない水準に急低下する見通しとなった。EUの貿易圏から離れるほか、EUを通じて結んだEU域外国との通商協定の結び直しが3月末の離脱に間に合わないためだ。貿易の停滞を通じ、減速感が漂う世界経済の波乱要因になる恐れもある。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン