憲法改正の記述抑制 自民党大会、運動方針決定
首相、選挙に力点

2019/2/10 16:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党は10日、都内のホテルで党大会を開き、2019年運動方針を採択した。同方針の憲法改正に関する記述は前年より大幅に減った。国会発議に向けた各党の協力が得られておらず抑制せざるをえなかった。安倍晋三首相(総裁)は「憲法にしっかりと自衛隊と明記して違憲論争に終止符を打とう」と引き続き改憲への意欲を示した。

党大会で採択した運動方針「平成のその先へ 新たな時代を切り拓(ひら)く」は16ページ。この…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]