/

「自転車事故、何よりおわび」 谷垣氏、車いす姿でスピーチ

自民党の谷垣禎一前幹事長は10日の党大会でスピーチした。幹事長在任中だった2016年7月の自転車事故に触れ「突然仕事ができなくなり、大変迷惑をかけたことをまず何よりおわびしたい」と語った。「世界のどこを見ても大きな変動に見舞われている。日本は新しい道を切り開いていかなければならない」と選挙に勝利し政治を安定する必要性を強調した。

谷垣氏は自転車事故で頸髄を損傷し、政界引退後もリハビリを続けている。スピーチには車いすに座りながら臨んだ。安倍晋三首相(党総裁)は演説で「野党時代の3年3カ月、当時の谷垣総裁のリーダーシップがあったからこそ、団結し、苦しい時を乗り切り、政権奪還に備えることができた」とたたえた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン