2019年2月17日(日)

体傷つけず前立腺がん検出 住友重機などが装置

自動車・機械
2019/2/10 1:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友重機械工業などは画像診断装置を使い、体を傷つけることなく前立腺がんを見つける診断技術を開発する。前立腺がん特有のたんぱく質に結合する診断薬を投与して撮影すると、がんの位置や大きさが分かる。従来は血液検査で発症が疑われた人に針を刺して組織を採取、確認しており、負担が大きかった。2023年ごろの薬事申請を目指す。

北海道大学や原子力施設メンテナンスのアトックス(東京・港)などと共同で開発する。住…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報