/

元慰安婦「天皇陛下が謝罪を」 韓国の国会議長

韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長は米ブルームバーグ通信とのインタビューで、従軍慰安婦問題について、天皇陛下の謝罪が必要との見解を示した。「日本を代表する首相もしくは近く退位する天皇が(元慰安婦の)手を握り本当に申し訳なかったと一言いえば、問題はすっかり解消される」と述べた。陛下を「戦争犯罪の主犯の息子だ」とも指摘した。同通信が9日までに伝えた。

韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長=ロイター

慰安婦問題を巡っては「最終的かつ不可逆的な解決」で合意した15年の日韓合意で「日本政府は責任を痛感している」と明記した。文議長は「それは法的な謝罪だ。国家間での謝罪はあるが、問題は被害者がいることだ」と語り、元慰安婦への直接の謝罪を求めた。文議長は2004年から08年まで韓日議員連盟の会長を務めた「知日派」として知られる。

文議長は17年の文在寅(ムン・ジェイン)大統領就任時は特使として来日した。18年から韓国国会議長を務めている。今回の発言が日韓関係の悪化を加速させる可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン