2019年8月24日(土)

都内、大雪恐れなくなる 北海道陸別町で氷点下31.8度

2019/2/9 7:17 (2019/2/9 17:55更新)
保存
共有
印刷
その他

上空の強い寒気や低気圧の影響で、日本列島は9日、全国的に厳しく冷え込み、東京都心で今シーズン初の積雪を観測するなど広い範囲で雪が降った。ただ、東京都内での大雪の恐れはなくなったという。10日朝も気温が低くなる見込みで、気象庁は路面凍結などに注意を呼びかけている。

雪が降る中、大学入試の会場に急ぐ受験生ら(9日午前、千葉県習志野市)

雪が降る中、大学入試の会場に急ぐ受験生ら(9日午前、千葉県習志野市)

気象庁によると、東京都心では9日午前7時すぎに氷点下0.5度を観測した。関東各地でも雪が降り、茨城県や千葉県などで積雪があった。

JR東京駅の屋根に積もり始めた雪(9日午前)

JR東京駅の屋根に積もり始めた雪(9日午前)

寒波はしばらく居座り、10日も気温が低い状態が続く見通しだ。関東北部の山沿いではまとまった雪が降るとみられ、10日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで関東北部の平野部が5センチ、山沿いが15センチ。

気象庁は「雪による交通障害や路面の凍結、電線や樹木への着雪に注意・警戒し、最新の情報を確認してほしい」と呼びかけている。

雪の影響で羽田、成田両空港では日航全日空の発着便100便以上が欠航した。成田空港では断続的に滑走路を閉鎖し除雪作業に当たった。

東京都江東区と対岸の埋め立て地をつなぐ東京ゲートブリッジでは9日午前、車3台の絡む事故が発生。雪の影響によるスリップが原因とみられる。川崎市宮前区では9日午前9時45分ごろ、アパートの外階段で男性(71)が転倒して左足にけがをした。階段はぬれており、薄く雪が積もっていたという。

一方、北海道は9日も強い寒波に見舞われ、氷点下20度以下の場所が相次いだ。陸別町で氷点下31.8度を記録し、釧路市の阿寒湖畔では同30.7度まで気温が下がり、観測史上最低を更新した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。