/

ギリシャ議会、マケドニアのNATO加盟承認

【イスタンブール=佐野彰洋】ギリシャ議会は8日、隣国マケドニアの北大西洋条約機構(NATO)加盟を与党議員らの賛成多数で承認した。6日にNATOが加盟を正式承認する議定書に署名したことを受けた措置。マケドニアはギリシャとの2国間合意に基づき「北マケドニア共和国」への国名変更を決め、ギリシャとの対立を解消、NATO加盟にこぎ着けた。

8日のギリシャ議会手続きを受け、北マケドニアへの国名変更が近く正式実施される見通しだ。

マケドニアは1991年に旧ユーゴスラビアから独立した。しかしアレキサンダー大王で知られる古代マケドニア王国の版図だった地域を多く抱える隣国ギリシャが、「マケドニア」はギリシャの歴史を象徴する地名だとして猛反発し、NATOや欧州連合(EU)への加盟を阻んできた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン