2019年4月22日(月)

タイ総選挙、国王が王女擁立に反対

2019/2/9 1:04
保存
共有
印刷
その他

ワチラロンコン国王=AP

ワチラロンコン国王=AP

2014年に起きた軍事クーデターからの民政復帰に向けた3月24日のタイ総選挙(下院選、定数500)で、ワチラロンコン国王は8日夜、復権を目指すタクシン元首相派が国王の姉のウボンラット王女(67)を次期首相候補に擁立したことについて「不適切だ」と反対を表明した。王女擁立はタイ社会に大きな影響力を持つ王室関係者を政治に巻き込む奇策だったが、総選挙の行方は一段と混迷を深めている。

国家維持党による選挙管理委員会の届け出を受け、王女は8日、写真投稿サイトで「国民としての権利を行使する」と擁立を受け入れる考えを明らかにした。ただワチラロンコン国王は同日夜の声明で「王女は法律上王室を離れていても、前国王と王妃の娘であることに変わりはない」としたうえで「いかなる政治活動も不適切だ」として、王女が首相候補に名乗りをあげることに反対する意向を表明した。

王女擁立という想定外の事態に他の政党は戸惑いを隠せず、多くは公式コメントを避けていた。親軍政の中堅政党は「選挙運動への王室利用を禁じた選挙法に違反している」として選管に異議を申し立てていた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報