2019年8月20日(火)

8日の衆院予算委の主なやりとり

2019/2/9 2:00
保存
共有
印刷
その他

8日の衆院予算委員会の主なやりとりは次の通り。

■岸田文雄氏(自民、広島)

【統計不正】

岸田氏 どんな制度改正をしても公務員の意識が低ければ同じことの繰り返しになる。

根本匠厚生労働相 不適切な取り扱いを漫然と踏襲し、上司への報告を怠り、適切に判断しない。こうした組織を改革しないといけない。私が先頭に立って信頼回復に努める。

【自由貿易体制】

岸田氏 6月に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会合などで、どのような思いで議論をリードするか。

安倍晋三首相 グローバル化による急速な変化への不満が、保護主義への誘惑を生み出している。世界貿易機関(WTO)の改革に新風を吹き込みたい。

■後藤茂之氏(自民、長野)

【統計不正】

後藤氏 特別監察委員会の中立性、客観性は。

安倍晋三首相 さらに独立性を強めた形で検証作業を進めている。今回のような事態が二度と生じないよう徹底検証を行い、信頼を取り戻すことが重要だ。

後藤氏 (実態に近い)「参考値」をベースに計算した実質賃金の伸び率は公表しないのか。

根本匠厚生労働相 経年変化を見るのになじむのかという課題がある。出すことが適当かどうかよく検討したい。

■萩生田光一氏(自民、東京)

【幼児教育無償化】

萩生田氏 無償化制度の対象とならない「幼稚園類似施設」で、地方自治体が必要と判断した施設もある。こうした施設が漏れてしまうのは、本来の政策目的と違う。

安倍晋三首相 無償化対象外でも地域や保護者のニーズに合った施設がある。国と地方が協力して支援していくことを検討させていただきたい。■根本幸典氏(自民、愛知)

【豚コレラ】

根本氏 ワクチン接種に賛否両論ある。国はどのように考えているか。

吉川貴盛農相 わが国は1996年から2006年まで11年間かけ、ワクチンに頼らない清浄化を達成した。その後も飼養衛生管理基準の順守で非接種、清浄国を実現してきたので、慎重に対応すべきだ。

■尾身朝子氏(自民、群馬)

【小4女児死亡】

尾身氏 児童福祉司の質を担保するため国家資格化も検討すべきだ。

根本匠厚生労働相 児童相談所の職員の資質向上は重要な課題だ。国家資格化も含めて資質向上策を検討したい。

■石田祝稔氏(公明、比例四国)

【統計不正】

石田氏 政府を挙げて問題解決に取り組んでほしい。

安倍晋三首相 雇用保険や労災保険といったセーフティーネットへの信頼を損なう事態を招き、国民におわびする。給付の不足分については速やかに簡便な手続きで支払えるよう万全を期す。

【私立高校無償化】

石田氏 2020年4月から全学年で実施を。

柴山昌彦文部科学相 無償化の対象となる学年は、安定的な財源を確保しつつ、着実な実施に向けて検討していきたい。

【全世代型社会保障】

石田氏 高齢者への対応は。

首相 高齢者に引き続き安心してもらえることが大前提だ。幼児教育や高等教育の無償化に加え、低所得者の介護保険料の軽減拡充や、年金受給者への給付金支給措置も講じる。

■古屋範子氏(公明、比例南関東)=石田氏の関連質問

【認知症対策】

古屋氏 認知症の予防、調査研究の予算の大幅拡充が必要だ。

安倍晋三首相 夏までに認知症対策の国家戦略(新オレンジプラン)を改定する。予防や治療の研究開発もしっかり推進したい。

■川内博史氏(立憲民主・無所属フォーラム、鹿児島)

【統計不正】

川内氏 毎月勤労統計の不正を把握したのはいつか。

大西康之厚生労働省元政策統括官 昨年12月13日に初めて知った。

川内氏 上司にいつ、どのように説明したか。

元政策統括官 部下の参事官が12月18日に、厚労審議官、官房長、総括審議官に一報を伝えた。19日には、私から事務次官、厚労審議官、官房長に説明した。

川内氏 20日に厚労相に説明したのは誰か。

元政策統括官 厚労審議官と私の2人だ。

川内氏 18日から20日の3回の会合は、公文書管理法などに基づいて文書を作成すべきか。

定塚由美子厚労省官房長 18日は口頭で簡単な報告だったが、19、20日の分は文書を作成、保存すべき事案だ。

川内氏 特別監察委員会の報告書原案を作成したのは官房部局か。

官房長 大臣官房人事課の職員が事務的なサポートをしていた。監察委の指示の下、事務的に策定した。

川内氏 勤労統計の調査結果に疑問を抱いた総務省統計委員会が昨年8月に厚労省に説明を求めた時点で、報告を受けたのか。自らチェックしなかったのか。

元政策統括官 (部下から)説明はなかった。自分でチェックもしていない。

■大串博志氏(立憲民主・無所属フォーラム、佐賀)

【統計不正】

大串氏 特別監察委員会の再調査はどのようなものか。

樋口美雄監察委委員長 労働政策研究・研修機構理事長として招致されている。答えは控えたい。

大串氏 公平にやっていることを証明するためにこの場で語るべきだ。

樋口氏 今後の(監察委の)検討に影響を及ぼす危険がある。

大串氏 監察委の報告書を作るにあたり樋口氏はなぜ事務方のみでのヒアリングを認めたのか。

定塚由美子厚生労働省官房長 監察委委員の指示の下でヒアリングした。樋口氏は機構理事長として来ているので、私にお尋ねいただきたい。

大串氏 隠蔽体質の監察委で客観的な調査ができるのか。

根本匠厚生労働相 監察委はやり方も含め、主体的に判断し厳正な調査をした。

■逢坂誠二氏(立憲民主・無所属フォーラム、北海道)

【統計不正】

逢坂氏 特別監察委員会報告書の原案作成は、監察委と事務方のどちらから持ちかけたのか。

定塚由美子厚生労働省官房長 監察委の指示の下、事務的に策定した。

逢坂氏 政策統括官から官房付になった理由は聞いているか。

大西康之厚労省元政策統括官 統計調査に関し報告漏れがあったという理由だと承知している。

【日ロ交渉】

逢坂氏 北方領土の現状は不法占拠だという認識があるか。

安倍晋三首相 交渉に悪影響を及ぼす可能性があり、答えは差し控えたい。北方領土は主権を有する島々だ。

逢坂氏 4島返還のメッセージが影を潜め、残念でならない。政府の姿勢は明確に持つ必要がある。

首相 交渉がうまくいくかどうかは、いかに静かな交渉ができるかにかかっている。批判を甘受しても、交渉を進める努力を重ねたい。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。