2019年8月26日(月)

南海トラフ調査、プレート境界の掘削断念 海洋機構

2019/2/8 20:31
保存
共有
印刷
その他

海洋研究開発機構は8日、南海トラフの掘削調査で、巨大地震を繰り返し起こすプレート境界部の調査を断念すると発表した。巨大地震の発生帯に初めて到達することを目指していたが、海底から3000メートルほど下に崩れやすい地層があり、掘り進めるのが難しいと判断した。

海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」(同機構提供)=共同

同機構が保有する地球深部探査船「ちきゅう」を使い、2018年11月から紀伊半島沖の海底を掘削している。プレート境界の地層や岩石を取り出し、巨大地震発生の仕組みの解明や次に起こる地震がどれだけ切迫しているかなどの把握を目指していた。

ちきゅうは出航後、途中で穴がゆがんで掘り進められなくなるトラブルが5度発生し、現在は6本目の穴を掘り進めている。この穴は3000メートル近くに達しており、できるだけプレート境界に近い深さの岩石などを採取する。

静岡県から九州沖に至る南海トラフでは、マグニチュード(M)8級の巨大地震が100~200年間隔で発生している。政府は30年以内にM8~9級の地震が起きる確率を70~80%と試算している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。