/

この記事は会員限定です

18年度の自社株買い、過去最高に 企業「株価は割安」メッセージ

ソニーやJXTGなど 株主還元強化

[有料会員限定]

上場企業による自社株買いが増えている。ソフトバンクグループソニーなどが相次ぎ大規模な取得枠を公表し、全体の額は2018年度に過去最高になる見通しだ。好業績でも株価が低迷する企業が目立ち、自社株買いで「株価は割安」と市場に伝える狙いがある。配当と並ぶ株主還元策として自社株買いの裾野が広がってきた。

ソニーは8日、株主還元を目的とした初の自社株買いをすると発表した。上限額は1000億円。1日発表の18年4~12月期連結決算は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン