/

この記事は会員限定です

仏ルノー、韓国生産の縮小検討 労組のストを問題視

[有料会員限定]

【ソウル=山田健一】仏ルノーが韓国子会社であるルノーサムスンの釜山工場で、生産縮小を検討していることが8日、分かった。仏ルノーはルノーサムスンの労働組合のストライキを問題視。同社の関係者によると、ストライキが続く場合、9月に契約が切れるルノーサムスンへの車の生産委託を打ち切る可能性がある。

韓国自動車5位のルノーサムスンは仏ルノーグループが株式の79.9%を保有。釜山工場はルノーから委託される形...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン