2019年4月23日(火)

日本、人員で見劣り 欧米はソーシャルワーカー主流

政治
法務・ガバナンス
2019/2/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧米では「ソーシャルワーカー(SW)」と呼ばれる専門職が虐待対応の中核を担っている。児童虐待対策の研究機関、子どもの虹情報研修センターの調べによると、例えば横浜市の場合、SW1人に対する人口は米国ロサンゼルスのSWの約20倍になるという。

同センターの小出太美夫専門相談室長は「日本では通報件数が増加の一途をたどり、対応する職員が足りていない」と警鐘を鳴らす。「初期対応だけで手いっぱいになってしま…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報