/

この記事は会員限定です

JR東海、リニア後見据え 新幹線磨く

(続・ナゴヤが生んだ名企業 鉄道編)

[有料会員限定]

JR東海が主力の東海道新幹線に一段と磨きをかけている。訪日外国人客への多言語対応や、チケットレス乗車の環境整備に加え、新型車両「N700S」の導入も予定する。2027年にリニア中央新幹線の東京~名古屋間開業、その先には大阪への延伸を予定する。新幹線の位置づけはどう変わるか。役割変化への対応も探っている。

世界を意識、多言語サービス相次ぎ拡充

「ドアーズ・オン・ザ・レフト・サイド・ウィル・オープン」――。東海道新幹線に乗車すると、乗務員のこんな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1743文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン