2019年4月23日(火)

ハイカラな神戸 発信 アシックス会長CEO 尾山基さん(もっと関西)
私のかんさい

もっと関西
コラム(地域)
関西
2019/2/12 11:30
保存
共有
印刷
その他

■2019年は関西でもラグビーワールドカップ(W杯)が開催され、21年のワールドマスターズゲームズ、25年の国際博覧会(大阪・関西万博)と大規模な国際イベントが続く。アシックス会長最高経営責任者(CEO)で、神戸観光局の会長を務める尾山基さん(68)は好機を生かした関西の再興を狙う。

 おやま・もとい 1951年石川県生まれ。74年大阪市大商卒、日商岩井(現双日)入社。アシックス創業者の鬼塚喜八郎氏の娘と結婚した縁で、82年同社へ。2008年に社長、18年3月から社長職を離れて会長CEOに。神戸商工会議所の副会頭も務める。

おやま・もとい 1951年石川県生まれ。74年大阪市大商卒、日商岩井(現双日)入社。アシックス創業者の鬼塚喜八郎氏の娘と結婚した縁で、82年同社へ。2008年に社長、18年3月から社長職を離れて会長CEOに。神戸商工会議所の副会頭も務める。

目先はラグビーW杯に集中している。海外から多くの人がやってくるだけでなく、ラグビーはサッカーと違って試合間隔が長いので、応援するファンの滞在期間も長い。神戸には須磨の海岸、六甲山の夜景、有馬の温泉がある。それぞれのスポットの魅力を発信するだけでなく、動線を含めてPRしたい。

神戸をハイカラな町にしたい。阪神大震災で多くの建物が倒壊し、復興は早かったが、画一的なビルが多くなった気がする。横浜は何年もかけて町をきれいにしてきた。言葉やファッションなど、神戸には大阪とはひと味違ったカルチャーがある。そこに住んでいる人が醸し出す、柔らかで、マイルドな、とげとげしくない雰囲気がある。これを何とか訴えたい。

神戸は関西のゴールデンルートから外れているという声をよく聞く。外国人観光客らは関西国際空港に着いて、大阪に向かい、京都に行くと。スポーツイベントは人を引っ張ってくる大きなコンテンツになる。まずはラグビーW杯でいろいろとチャレンジして、訪れた人がリピーターとなり、アジアに来たから神戸に寄って帰ろうかというトレンドを生めるようにしたい。

アシックスヨーロッパ社長時代には海外での事業拡大に努めた

アシックスヨーロッパ社長時代には海外での事業拡大に努めた

■世界的なスポーツメーカーに成長したアシックスを率い、本拠地の神戸にとどまらず、国内外を飛び回る。幅広い世代に長く愛される商品を世に出し続けるには「品質」と「イメージ」が大事だと訴える。

服や靴、バッグは使い勝手が良く、心も体も快適でリラックスできるものがいい。靴の場合は先端技術を常に入れていく。クッションも常に改善していく。デザインも今風に変えていく。しかもそこには世代間の文化の壁がある。40、50代がいいねと言っても、10、20代には古いねと言われる。両方を追いかけないと生き残れない。今は競争が激しい。

ファッショントレンドは早くなっている。常に革新的でないといけない。その努力をちょっと怠ったので1990年代にアシックスの業績は良くなかった。2000年代に海外にウイングを広げ、お客さんが入ってくる接点も広げた。それが一巡した段階で、今度はネットの時代を迎えた。それでも基本は品質だ。これを買って良かったと。

イメージも大事だ。アシックスは業績が悪かった時代に売り上げを伸ばそうと、ソックスが3本で1000円といった売り方をしていた。これでイメージはドンと落ちてしまった。人の心は一旦、変わってしまうとよほどのことをしないと戻らない。そういう意味では宣伝も重要で、ユニクロやレクサスは感度が高く、印象がいい。

■アシックスは19年9月に創業70年を迎える。神戸でバスケットボールシューズの製造に始まり、スポーツを通じて青少年の育成に貢献してきた自負は揺るがない。

心配なことは3つある。まずは少子高齢化、そして子どもは受験勉強で塾が多いこと、さらにスマホなどでネットを見ている時間が長いことだ。1日のうち、寝ている時間と学校に行っている時間、それに塾やネットを見ている時間を除けば、運動している時間はほとんどない。ここに大きな危機感を感じる。

勉強して、運動して健全な体づくりをしてほしいが、それを阻害する要因が多い。都市部は運動する場が少ない。公園があまりないし、公園があってもスポーツがなかなかできない。指導者の確保といった問題もあるが、まずはとにかく運動する場をつくることが大事だ。

(聞き手は神戸支社 小嶋誠治)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報