/

トランスレコグ、PDF書き込み用ソフトを開発

首都大学東京発スタートアップのTransRecog(トランスレコグ、東京・港)は8日、元のPDF文書に変更を加えずに、メモなどを追記できるソフトウエアを開発したと発表した。書き加えが難しい契約書や設計図にメモを書くなどの需要を狙う。

「アクセラノート」の使用イメージ。PDFファイルの上から書き込みができる

新ソフト「アクセラノート」を11日に発売する。米アドビシステムズのPDF閲覧ソフト「アクロバットリーダー」に対応している。アクセラノートを開くと、アクロバットリーダーで表示したPDFの上からキーボードやタッチペンで文字を書き込んだり、線を引いたりできる。米マイクロソフトの基本ソフト「ウィンドウズ」上でのみ使える。

元のPDFファイルには変更を加えず、書き込んだ内容は別のファイル形式で保存する。元の文書とアクセラノート上でのメモを合わせて別のPDFファイルとして出力もできる。元の文書が書き込み禁止でも追記ができ、原本を書き換えられない公的な文書への記入や、授業や会議の資料にパソコン上でメモを取る際などに向くという。

将来は画像ファイルやワード、エクセルにも対応を予定する。基本版は無料で、3ページまでの文書に白と黒の2色で書き込める。フル機能版は月額390円で、一度に500ページまで編集でき、10色を使える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン