2019年6月20日(木)

タイ王室、影響力なお大きく

2019/2/8 18:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=小谷洋司】タイで王室は国民が敬うべき特別な存在とされ、その影響力は大きい。ワチラロンコン国王とウボンラット王女の父、故プミポン前国王が地方巡幸や病院慰問を通じて国民と熱心に交流。現在に至る王室の礎を固めた。

前国王は1992年、軍事政権と反政府勢力の衝突で多数の死傷者が出た際、王宮に双方の指導者を呼び事態を収拾した。政治とは一線を画すものの、その影響力の大きさから政局の節目節目で王室…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報