/

この記事は会員限定です

生活習慣病、「キクイモ」で挑む(探検!九州・沖縄)

佐賀大機能性農産物キクイモ研究所所長・松本雄一氏(肖像)

[有料会員限定]

イヌリンやカリウムなどの機能性成分を豊富に含み食後血糖値の上昇や脂質の吸収を抑える効果があるとされるキクイモ。糖尿病や高血圧症など生活習慣病の予防につながると期待され九州でも栽培が広がり始めた。佐賀大学農学部講師で同大機能性農産物キクイモ研究所所長の松本雄一(40)は、その品種改良を進めながら、生産と消費を拡大して地域の健康増進に貢献しようと取り組んでいる。

カロリー半分、栄養成分に注目

JR佐賀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1460文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン