2019年5月24日(金)

中部経産局とSMBC系、高校で講座 「18歳成人」にらみ

2019/2/8 20:30
保存
共有
印刷
その他

中部経済産業局とSMBCコンシューマーファイナンスは8日、名古屋市内の高校で生徒向けにセミナーを開いた。消費者契約の注意点や生活設計の考え方などを講義した。民法の成人年齢が2022年に20歳から18歳に引き下げられることなどをにらんだもの。

中部経済産業局とSMBCコンシューマーファイナンスが開いたセミナー(8日、名古屋市の名城大学付属高校)

名城大付属高校の1年生約180人に対し、同局消費者相談室の高木友美氏と、同社の寺尾隆氏が講師を務めた。書面にサインした後に契約を取り消す方法や、ネット通販の購入時に気をつけるべきこと、車の購入や結婚式の費用などついても話した。

受講した生徒からは「挙式費用が思ったより高額で驚いた」などの声が聞かれた。高木氏は「契約でトラブルに巻き込まれたら一人で悩まず、専用窓口に問い合わせてほしい」と呼びかけた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報