2019年4月22日(月)

大江戸線勝どき駅新ホーム、11日から使用 利用増で

東京
2019/2/8 21:00
保存
共有
印刷
その他

東京都は11日、都営地下鉄大江戸線の勝どき駅(中央区)で新設したホームの利用を始める。現在、1面のみのホームの両側に電車が発着している。ホームを2面に増やすことでホーム上にいる乗客を分散させ、客同士がぶつかるなどの事故につながることを防ぐ。大江戸線は不動産開発が進む臨海部を中心に沿線人口が増加しており、駅構内での混雑緩和が課題となっている。

勝どき駅は大門方面行きのホーム(手前)を新設し、混雑緩和をねらう(東京都中央区)

2017年度の勝どき駅の乗車人員は1日当たり約5万1千人。開業当初の00年度に比べ約3倍に増えている。都は総工費約160億円を投じ、ホームやコンコースなどの新設を進めていた。

現在は1面のホームを両国方面行き、大門方面行きがそれぞれ挟む形で発着している。11日からは既存のホームは両国方面行き、新設ホームは大門方面行きの専用となる。

臨海部でのタワーマンションの建設ラッシュなどを背景に、大江戸線の需要は増加している。00年度に1日平均21万9千人だった乗車人員は、17年度は約95万6千人に達した。都は「今後しばらくは乗客数の増加が続く」と見込む。混雑緩和策とともに、エレベーターの整備やトイレの洋式化といった駅の改良を急ぐ。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報