2019年2月20日(水)

「進次郎節」割れる評価 国会改革の百家争鳴
編集委員 清水真人

統計不正
政治アカデメイア
コラム(経済・政治)
政治
(1/3ページ)
2019/2/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

4日の衆院予算委員会で6年ぶりの与党質問に立った自民党厚生労働部会長の小泉進次郎。厚労省の統計不正の責任追及は「与党なのに厳しい」との見方と、所詮は安倍晋三内閣を守るための「ガス抜き」だとの批判に割れた。定まらない評価が浮き彫りにするのは、与野党の思惑や小泉との距離感だけではない。「平成デモクラシー」後の国会のあるべき姿をどう描くか。基本イメージを当事者の議員たちが共有しきれていない。

小泉の質…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報