/

この記事は会員限定です

材料開発、AIで革新 捨てるデータに宝の芽

[有料会員限定]

これまで捨てていた実験データを人工知能(AI)に学ばせ、材料開発に生かす研究が進んでいる。少ないデータでもAIは学習して賢くなり、化学合成のカギを握る高性能の触媒の開発につながる成果も出始めた。目指すのは研究者の経験と勘に頼っていた従来型の材料開発からの脱却だ。

日本触媒の右田啓哉研究員は学会などから講演依頼が次々とくる。右田研究員が持つAIとデータ科学という武器が注目されているからだ。社内で研究者から実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン