2019年4月24日(水)

材料開発、AIで革新 捨てるデータに宝の芽

環境エネ・素材
2019/2/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

これまで捨てていた実験データを人工知能(AI)に学ばせ、材料開発に生かす研究が進んでいる。少ないデータでもAIは学習して賢くなり、化学合成のカギを握る高性能の触媒の開発につながる成果も出始めた。目指すのは研究者の経験と勘に頼っていた従来型の材料開発からの脱却だ。

日本触媒の右田啓哉研究員は学会などから講演依頼が次々とくる。右田研究員が持つAIとデータ科学という武器が注目されているからだ。社内で研…

東工大はAIとロボットを組み合わせて新材料を自動で探索する

新材料開発、脱「経験と勘」 AIで自動化[有料会員限定]

2018/10/13 6:30

新素材開発に「M:I」、理想の物質を爆速サーチ[有料会員限定]

2018/3/25 6:30

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報