2019年2月21日(木)

2/21 19:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
2月21日 152.899 +0.508

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

2月21日(木)14:20

コマツ 陸自車両の新規開発を中止[映像あり]

政投銀 東芝メモリに最大3000億円出資を検討

2月21日(木)13:00

[PR]

商品ニュース

北日本寒波で灯油値上がり 海上スポット3%高

環境エネ・素材
2019/2/8 15:21
保存
共有
印刷
その他

北日本の厳しい寒さを受け、灯油のスポット(業者間転売)価格が上昇した。タンカーでやりとりする海上物は前週比で3%高い。大消費地の北海道などで暖房需要が伸び、需給が引き締まった。在庫は高水準だが、需要増に備えた取り崩しの動きが目立っている。

強烈な寒波で灯油の引き合いが強まっている

需給を敏感に示すスポット価格(海上物、京浜地区)は1キロリットル5万9250円前後と前週比2000円高い。原油相場が1月から上昇したことも背景にあるが、ガソリンや軽油に比べても前週比の上昇率は大きい。

北海道など北日本では1月下旬から雪が強まり、暖房や道路の融雪向けに灯油需要が増えている。週末も強力な寒波が見込まれ、寒冷地で高い販売シェアを誇る生活協同組合などが調達を急いでいる。

石油連盟(東京・千代田)の統計から推計した1月27日~2月2日の灯油出荷量は50万キロリットルと前週比6%増えた。

「北海道では寒波の影響が出ているが、前年より気温が高い地域が多く、全体的な需給に逼迫感はない」(燃料商社)。前年が全国的に寒かったため、1月の灯油出荷量は前年よりも1割弱少なかった。在庫量は需要期に入り徐々に減っているが、足元で192万キロリットルと前年同期を3割上回っている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム