2019年6月27日(木)

空の惨劇、もう二度と 中華航空機墜落(平成と中部)
264人犠牲 癒えぬ悲しみ

コラム(地域)
2019/2/8 6:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1994年4月26日夜、平成最悪の航空機事故が起きた。中華航空機が名古屋空港に墜落。264人もの乗客乗員が命を落とした。発生から25年を迎える今も、惨状の記憶は関係者の心に深く刻まれている。「二度と起こしてはならない」。遺族は乗員の飲酒問題などが続く現状を憂いながら、空の安全を祈る。

その夜、名古屋市消防局職員の渡辺正信さん(48)は救助隊員として空港に駆けつけた。炎はほぼ消し止められていたが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報