伊藤忠のTOB「敵対的」に デサント、阻止難しく

2019/2/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スポーツ用品大手のデサントは7日、筆頭株主の伊藤忠商事が実施している同社へのTOB(株式公開買い付け)に反対すると発表し、両社の対立は敵対的TOBに発展した。デサントは伊藤忠の姿勢が「強圧的だ」と批判した一方、TOBを阻止する手段に乏しいことも認める。焦点は今後の経営体制や成長戦略に移るが、対立が長引いて経営が迷走すれば不利益を被るのは投資家だ。

伊藤忠が1月31日に示したTOBの条件は、直前の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]