2019年2月17日(日)

外国人共生、支援に遅れ 主要市区に専門窓口なし6割

地域総合
経済・政治
社会
2019/2/8 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国の約250の主要市区のうち、外国人住民の仕事や生活を支援する総合的な窓口機能となる専門部署が未整備の自治体が6割に達することが日本経済新聞の調査でわかった。5年で外国人が3割近く増える一方、ゴミ出し案内や居住支援といった日常の生活サポートの取り組みも2割台にとどまる。4月に始まる外国人労働者の受け入れ新制度を控え、体制の充実が急務だ。

【関連記事】外国人政策、自治体格差広がる恐れ

総務省は20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

外国人増、移民送った経験生かせ[有料会員限定]

2018/12/26付

外国人との共生、道遠し[有料会員限定]

2018/12/27付

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報