/

柳瀬元首相秘書官、NTT系の非常勤取締役に

NTTは7日、学校法人・加計学園を巡る問題で国会に参考人招致された元首相秘書官の柳瀬唯夫氏が、海外事業を統括する中間持ち株会社の非常勤取締役に就いたことを明らかにした。

NTTの澤田純社長は同日の決算会見で、柳瀬氏について「昔から知り合いで特に米国に広い人脈を持っている。いろいろなことがあったが、海外事業を強化する上でメリットが大きいと考え、私からお願いした」と語った。

NTTは2023年度の海外事業の売上高を250億ドル(約2兆8千億円)と17年度から4割近く増やす目標を掲げている。

就任は2月1日付。柳瀬氏は18年7月に経済産業審議官を退任した。同氏はシャープのパソコン事業子会社であるダイナブック(東京・江東)の非常勤取締役に就任したことも明らかになっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン