千葉市の受動喫煙防止条例、セミナーや動画で周知

2019/2/7 22:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

千葉市は2020年4月に施行する受動喫煙防止条例の本格的な周知活動に乗り出した。熊谷俊人市長は19年を「全面施行に向けての準備期間」と位置付けており、飲食店事業者と利用客の理解を求めていく。

「千葉市の飲食店が窮屈になったのではなく、世界基準に合わせた」。1月末に市内で開いた飲食店向けセミナーでは、受動喫煙の専門家が改正健康増進法や市の条例を説明。「酔客とはトラブルが起きやすい」として、客からク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]