/

秋篠宮ご一家「仮住まい」に 宮邸の改修に伴い

宮内庁は7日、秋篠宮邸(東京・元赤坂)の改修工事が始まるのに伴い、ご一家が10日から移り住まれる「御仮寓所(ごかぐうしょ)」の外観を報道陣に公開した。

御仮寓所は赤坂御用地内の宮邸そばにあり、鉄筋コンクリート造りの3階建てで延べ床面積は約1378平方メートル。1階は応接室や執務室などの公室、2、3階は私室や職員の事務室が入る。建設費は約9億8千万円。

宮邸の改修工事は4月以降に始まり、ご一家は工事が完了する2022年3月まで御仮寓所に仮住まいされる。その後、御仮寓所は職員の事務室や収納室として活用されるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン