2019年2月19日(火)

2/19 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上場企業3期ぶり減益 車や電機失速、2019年3月期予想
  2. 2位: オリエンタルランド、「新幹線」に迫る「ミッキー」[有料会員限定]
  3. 3位: サンドラッグ、増益の大記録を止めた3つの壁[有料会員限定]
  4. 4位: 「ドル建て」日本国債に資金、海外勢の買い拡大[有料会員限定]
  5. 5位: 株価大幅反発も市場に高揚感なし チャートが映す弱気[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
2月19日 151.415 +0.725

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

2月18日(月)14:20

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

[PR]

コモディティーVIEW

フォローする

トウモロコシ市場が気をもむ新NAFTA
商品部 杉山麻衣子

2019/2/12 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

貿易摩擦などに揺れる穀物市場。大豆相場が米中の貿易動向を巡って不安定に動くのに対し、トウモロコシは米国産の旺盛な輸出需要に支えられて底堅く推移している。最大生産国の米国から活発に買い付けているのは、トランプ米大統領が「国境への壁」建設に固執するメキシコだ。堅調な相場は両国の相互依存を映し出す。だが先行きには北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉など不安もくすぶっている。

トウモロコシの米シカゴ先…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

コモディティーVIEW 一覧

フォローする

読まれたコラム