/

この記事は会員限定です

トウモロコシ市場が気をもむ新NAFTA

商品部 杉山麻衣子

[有料会員限定]

貿易摩擦などに揺れる穀物市場。大豆相場が米中の貿易動向を巡って不安定に動くのに対し、トウモロコシは米国産の旺盛な輸出需要に支えられて底堅く推移している。最大生産国の米国から活発に買い付けているのは、トランプ米大統領が「国境への壁」建設に固執するメキシコだ。堅調な相場は両国の相互依存を映し出す。だが先行きには北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉など不安もくすぶっている。

トウモロコシの米シカゴ先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン