10/24 22:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月23日 147.113 +0.124

[PR]

商品ニュース

都心の1月のオフィス賃料、2万1千円台に 09年3月以来

2019/2/7 17:16
保存
共有
印刷
その他

オフィスビル仲介大手の三鬼商事(東京・中央)が7日発表した都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の1月の平均募集賃料は、3.3平方メートル当たり2万1010円だった。前月比で0.6%(123円)上がった。堅調なオフィス需要を背景に、ビル所有者が募集賃料を引き上げている。

空室率も低下が続く(東京都心のビル群)

上昇は61カ月連続。2009年3月以来、9年10カ月ぶりに2万1千円に乗せた。空室率は1.82%と前月比0.06ポイント下がり、月次データの残る02年1月以来の最低値を更新した。既存物件である日比谷国際ビル(東京・千代田)などで入居が進んだようだ。

空室が限られ「募集物件の賃料を引き上げる貸し手が増えている」(仲介大手)。既存ビルの契約更新でも「賃料の引き上げを受け入れてもらいやすい状況が続く」(住友不動産)という。

今後完成が予定される大型ビルへの入居需要は高い。仲介大手の三幸エステート(東京・中央)の今関豊和チーフアナリストは「床面積ベースで19年完成物件の9割、20年物件の6~7割はテナントが内定済みとみられる」と話す。現在の堅調な賃料市況は当面続くとの声が多い。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム