2019年4月23日(火)

軽くみた少子化、対策の好機を逃す
平成の30年 高齢化先進国(6)

平成の30年
経済
2019/2/9 11:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

平成は少子化ショックとともに始まり、克服できないまま終わろうとしている。世界で最低レベルの出生率に落ち込みながらも、政府内は「いずれ第3次ベビーブームがやってくる」という楽観論が根強く、対策が後手に回った。回復基調にあった出生率もこのところ頭打ち。深刻な少子化は世界に類を見ない高齢社会を出現させた。

君は来るか 僕の腕に この空は青いか 見つめてみないか――。1993年2月19日に厚生省(当時)…

シニアビジネス 模索の末に見えた解[有料会員限定]

2019/2/2 2:00

シルバー民主主義 広がる世代間格差[有料会員限定]

2019/1/19 2:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報