最後の砦は「人」 防衛最前線(ルポ迫真)

2019/2/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

5日、滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場。米海兵隊の新型輸送機「オスプレイ」2機が低いプロペラ音を響かせながら降り立ち、小銃を持った20人超の陸自隊員が駆け出した。「訓練終了」の無線の合図があるまで周辺を警戒しながら走り続けた。陸自と米海兵隊の共同訓練「フォレストライト02」の風景だ。

日々、訓練を重ねる自衛隊。しかし、対応できない問題がある。少子化だ。

「人や国のためになるという大きなやりが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]