/

この記事は会員限定です

[FT]豪、中国人実業家の永住権剥奪

[有料会員限定]
Financial Times

オーストラリア政府は、著名な中国人実業家で中国政府とつながりを持つ黄向墨氏の永住権を剥奪し、再入国を禁止した。豪州の政治と社会に対する中国の影響力に懸念が高まっていることを映す動きだ。

不動産開発を手掛ける玉湖集団の創業者である黄氏は、豪州の政党に多額の政治献金を行う一方、中国共産党とつながりを持つ豪州中国平和統一促進会の元会長でもある。2016年には野党国会議員の政治献金スキャンダルに関係し、豪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン