/

移籍巡る思い複雑 選手もファンも寄り添って

スポーツライター 浜田昭八

野球協約の第106条に「選手は(中略)他の球団に譲渡されることを、統一契約書において、あらかじめ同意しなければならない」とある。つまり、球団から他球団へのトレードを通告された選手は、拒否することができないのだ。

交換トレードや金銭トレードでユニホームを着替えるのは、選手もやむを得ないと受け入れるだろう。だが、移籍を納得するまでに時間がかかるのは、フリーエージェント(FA)の「人的補償」で移籍する選手ではないか。丸佳浩の巨人へのFA移籍の見返りで広島へ移った長野久義、炭谷銀仁朗の巨人入りの補償で西武へ移った内海哲也らの胸中は複雑だったに違いない。

FA制で戦力が著しく不均衡になるのを避けるために補償制度がある。補償には「金銭」と「人的」があり、ほとんどで両補償が併用される。今オフのFA移籍では西武から楽天へ移った浅村栄斗のケースで、西武が金銭補償を受けただけで済ませた。

広島に移籍した長野(右)は懸命にチームに溶け込もうとしている=共同

問題は「人的」での「人選」である。FA選手を獲得した球団は、相手球団に人的補償が可能な選手のリストを提出する。取られたくない主力28選手と外国人選手を「プロテクト」する。主力選手を守るのだ。巨人が菅野智之や坂本勇人を失いたくない選手として、リストからはずしたのは言うまでもない。相手の広島、西武は主力が充実しているので若手を狙ってくるだろうとみて、まだ戦力になっていない有望な若手を何人か囲い込んだ。

その影響で長野、内海は補償候補のリストに載せられた。といった事情はあるが、当人たちは巨人の編成部門担当者、原辰徳新監督ら首脳陣から欠かせぬ戦力とみられていなかったのかと悩む。長野には巨人入りの前に日本ハム、ロッテからのドラフト指名を断り、巨人一筋の思いを貫いた経歴がある。内海も高卒時にオリックスの指名を断り、ノンプロを経て念願の巨人入りを果たした。それだけに、2人とも全盛時の輝きがやや薄れたとはいえ、28人から外れるとは思いもしなかっただろう。

気遣われるFA移籍組の今後

だが、いつまでもそれにこだわっていては、この世界で生きていけない。新ユニホームをまとい、それぞれのキャンプ地で元気に練習に励んでいる。彼らより気遣われるのはFA移籍組の今後だ。シーズンが始まると、古巣のファンがどう反応するかだ。

オリックスから阪神へFA移籍した西勇輝や、西武から巨人へ移った炭谷のように、リーグをまたいだ移籍組への風当たりはそれほど厳しくはないだろう。セパ交流戦で"里帰り"したとき、「お帰り」と旧ファンと交歓するシーンをよく見かけた。問題は同一リーグのライバル球団へ移った丸、浅村のケースだ。とりわけ、優勝争いをするとみられ、人気も抜群の球団間を移動した丸はシーズンに入ると激しいブーイングの波にさらされるのではないか。

もともと、広島ファンは選手の移籍に寛容だった。巨人や阪神の富裕球団に比べて待遇がよくないと思われていた。だから、金持ちの家へ婿養子に入るような感じで、移籍選手を見送ってきた。金本知憲が阪神へFA移籍したころは、まだその空気が残っていた。ところが、新井貴浩が阪神入りしたときには様子が違っていた。広島での阪神戦で「裏切り者」と、激しくやじられた。好意的に受け入れられていた金本も、とばっちりで厳しいやじを浴びた。ところが、新井が広島へ復帰して活躍すると、ファンも機嫌を直した。何事も成績次第ということか。

巨人にFA移籍した丸(左)が古巣の広島戦で打ちまくったときのファンの反応は…=共同

広島が巨人、阪神をしのぐ強豪、人気球団になっていることが、この現象をもたらしたといえる。2年連続リーグ最優秀選手(MVP)の丸の移籍は、ペナントの行方を左右しかねない。相手の本拠地のスタンドまで真っ赤なカープカラーで埋めるファンが、広島戦で打ちまくる丸を目にしたときの反応を想像すると、ちょっと恐ろしい気がする。

ブーイングに憎悪に近い響き

ペナント争いが激化すればするほど、移籍組を巡る騒ぎは大きくなるだろう。最近とみに力をつけてきたDeNAのエース、救援の切り札だった山口俊が巨人へFA移籍し、古巣を相手に投げたときのブーイングには、憎悪に近い響きがあった。広島でリーグ3連覇のヒーローだった丸はどうなることやら……。

ドラフト制があって入団時にチームを選べないから、一定の功績を残せば自由に移籍できるという制度は決して悪くない。ただ、ファンの心情とすれば、きのうのヒーローがきょうから憎い敵になる状況に、なかなかついていけないものがある。選手もそのあたりに理解を示してほしいと思う。(敬称略)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン