学術の健全性損なう「ハゲタカジャーナル」

2019/2/7 11:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

適切な審査を経ずに論文を掲載し、料金を取るオンライン上の粗悪学術誌が大学界で問題になっている。「ハゲタカジャーナル」と呼ばれ、信頼性を疑問視されているが投稿が後を絶たない。見せかけの研究業績づくりに利用される恐れに加え、後進が参考にしてしまう可能性もある。文部科学省は大学に対策を促した。

「ゼロだろうと思っていたのに、これほど出てくるとは」。同志社大の佐藤翔准教授(図書館情報学)は2017年の博…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]