2019年4月24日(水)

英離脱合意「新提案せず」、EU大統領

英EU離脱
ヨーロッパ
2019/2/7 3:30
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)のトゥスク大統領は6日、英国のEU離脱を巡って、英国を除くEU27カ国からは「何も新提案はしない」と強調した。「どう安全に離脱を実行するかという計画の見取り図すら持たずに離脱を推進した人々」には「地獄の特別な場所」がふさわしいと英国の強硬離脱派を強烈に批判。7日にメイ英首相がブリュッセルのEU本部を訪れるのを前に、厳しい姿勢を打ち出した。

記者会見するEUのトゥスク大統領(6日、ブリュッセル)=ロイター

トゥスク氏は6日、アイルランドのバラッカー首相とブリュッセルで会談後に記者会見した。メイ氏は7日、EU本部を訪れ、11月にいったんEUと合意した離脱協定案の再交渉を要請する。協定案に盛り込んだアイルランドと英領北アイルランドの厳格な国境管理の復活を避ける「安全策」の見直しを求める見通しだが、トゥスク氏とバラッカー氏は再交渉に応じない姿勢で足並みをそろえた。

トゥスク氏は7日のメイ氏との会談について「行き詰まりをどう打開するか、現実的な提案を期待している」と英側に注文をつけた。これまでトゥスク氏は英国が離脱を撤回すれば柔軟に応じる構えもみせてきたが、この日は一転して英政治の現状ではEU残留はないとの見方を示した。

バラッカー氏は6日、EUのユンケル欧州委員長とも会談し、英離脱に関する共同声明を公表。英国の秩序だったEUからの離脱に向けた合意を引き続き目指す一方「合意なき離脱」が現実となった場合の備えも強化する方針を示した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報