/

この記事は会員限定です

豪州の与野党、経済政策競う 5月までに総選挙

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】オーストラリアで5月までに実施される次期総選挙に向け、与野党の争いが始まった。与党の保守連合が支えるモリソン政権は雇用創出策やインフラ投資を矢継ぎ早に打ち出す。豪経済は長期の拡大を続けるが、柱の住宅市場に変調がみられるためだ。最大野党の労働党もインフラ投資による景気テコ入れ策を掲げ、世論調査では優位に立っている。

「強い経済を証明するものは何か? それは雇用だ」。1月末、豪北部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン