トヨタ、車種固定の定額制サービス 3月から

2019/2/6 21:21
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は3月、毎月料金を支払うことでハイブリッド車(HV)「プリウス」などを3年間借りられる定額利用サービスを始める。インターネットで申し込むことができ、販売店で書類を記入する必要がない。月々の料金に自動車税や保険料などを含むため、支払いの手間が省ける。自動車の保有にかかる手続きが煩雑だと感じる人の需要を取り込む。

サービスの名称は「キントワン」。当初はプリウスや高級セダン「クラウン」、ミニバン「アルファード」などコネクテッドカー(つながる車)5車種で始める。高級車「レクサス」の定額利用サービス「キントセレクト」とは異なり、期間中の乗り換えはできない。

料金はプリウスの場合4万9788~5万9832円(税込み)。3月に東京都内の直営店を通じサービスを始め、夏以降に全国に広げる。

他の車種についても、モデルチェンジでコネクテッドカーとなったものを順次対象とする方針。走行データを分析し、安全運転や燃費のいい運転には月々の支払いなどに充当できるポイントを還元するサービスも今秋以降に始める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]