2019年9月23日(月)

EVでゴミ収集 実証実験の協定 大阪市とJFEエンジ

2019/2/6 18:23
保存
共有
印刷
その他

大阪市は6日、電気自動車(EV)を使うゴミ収集・運搬システムの導入に向け、JFEエンジニアリング(東京・千代田)と実証試験に関する協定を結んだ。ゴミ焼却場での廃棄物発電で作る電力を収集・運搬車の動力源とし、環境に優しいゴミ収集・運搬システムを構築する。

試験期間は6日~6月30日で走行距離、コストなどのデータを集めるほか、避難所などでの非常用電源として活用する際の課題を探る。EVゴミ収集・運搬の取り組みでは川崎市と埼玉県所沢市がJFEエンジからシステムを導入している。

同社によると、EVゴミ収集・運搬車3台、交換電池など通常のシステム一式の価格は1億円強という。同社が川崎市と所沢市に納入したEV収集・運搬車は1.5トンタイプ。自治体が使うゴミ収集車は2トン車が多く、大阪市の試験では2トン車を初めて使うという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。