2019年2月23日(土)

[社説]トランプ演説の融和姿勢は本物なのか

北米
社説
2019/2/6 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

どこまで信じてよいのか。トランプ米大統領が一般教書演説で、野党・民主党との融和に前向きな姿勢をみせた。ただ、メキシコ国境での壁の建設へのこだわりも強調しており、与野党が折り合えるかどうかはなお不透明だ。米政治の混迷はなお続くとみておいた方がよいだろう。

「国民はひとつの国家としての統治を望んでいる」「ともに努力し、妥協し、合意する」。演説にはこんな言葉が並んだ。

トランプ氏は大統領権限に基づいて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報