鍋料理用の固形燃料の廃アルミで水素を アルハイテックが南砺市でデモ

2019/2/6 16:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

旅館などの鍋料理で使用する固形燃料のアルミの廃材で水素を――。資源リサイクルを手掛けるアルハイテック(富山県高岡市)は6日、同社が開発した水素発生装置「エ小僧」を使った水素発生のデモンストレーションを公開した。

公開の場となったのは、同県南砺市で開かれた「東となみロータリークラブ」の例会。砺波市内の旅館「三楽園」で使用された固形燃料を包んでいたアルミを、「エ小僧」を使って特殊溶液と化学反応…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]