/

この記事は会員限定です

[FT]米国のライバル、日本とソ連の前例を憂う中国

[有料会員限定]
Financial Times

数字に不穏なパターンを見て取るエコノミストにとって、「18」は考えざるを得ない数字となっている。「失われた10年」に差し掛かろうとしていた日本、崩壊間近だったソ連と全く同じように、2018年、世界第2位の経済大国である中国は世界経済の18%を占めたからだ。

現在の中国と同様、日本とソ連は米国政府から戦略的なライバルと見なされていた。1995年には、米国の新聞が日本のコングロマリット(複合企業)の産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1940文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン