/

この記事は会員限定です

名古屋のソウルフード「スガキヤ」、アジアへ

(続・ナゴヤが生んだ名企業)

[有料会員限定]

「スガキヤラーメン、1杯ちょうだい」。インドネシアの首都、ジャカルタのショッピングモールにあるラーメンチェーン店「スガキヤ」でラーメンを注文する声が相次ぐ。鶏を使ったスープやチャーシューを使い、ハラル認証も取得したうえで「日本式ラーメン」らしい味わいを出したことが人気の理由。日本ではとんこつラーメンが主力商品だが、豚肉を口にしないイスラム教徒が多い事情を考慮し、インドネシア向けメニューをつくった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン