統計改革には賛成も 静観する日銀

日銀ウオッチ
2019/2/7 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は厚生労働省による統計の不適切調査問題ついて、積極的な発信を控えている。日銀が金融政策を判断していくうえで統計は欠かせず、抜本的な統計改革を促す絶好の機会だ。だが野党が国会で政府を追及する中、政争に巻き込まれることを警戒しているようだ。

「統計委員会では一有識者として発言した。本日お答えする立場にないのでご理解いただきたい」。4日、衆院予算委員会で答弁した日銀の関根敏隆調査統計局長は緊張した…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]