/

この記事は会員限定です

進まぬ脱IE、マイクロソフトも苦慮

[有料会員限定]
日経クロステック

2018年末、米マイクロソフトが自社の標準ウェブブラウザー「Edge(エッジ)」のエンジンに米グーグルのウェブブラウザー「Chrome(クローム)」と同じ「Chromium(クロミウム)」を採用すると発表した。一方でかつての標準「Internet Explorer(インターネットエクスプローラー、IE)」のシェアは依然として高いままだ。マイクロソフトのウェブブラウザー戦略を解説する。

最新のウェブ機能が使えない

ウェブアプリケーションが普及した今、ウェブブラウザーは企業システムの基盤の1つとなっている。そうした中、マイクロソフトのIE11は、企業のウェブシステム開発に携わるIT(情報技術)エンジニアを悩ます存在だ。ウェブページを作成する言語である「HTML5」や「JavaScript(ジャバスクリプト)」の最新の機能が利用できず、開発の効率を下げているからだ。

13年10月に登場したIE11のシェアは、5年以上経った今も依然として高い。18年12月時点での日本国内のパソコン向けウェブブラウザーのシェアを見ると、IEは14.4%だ。グーグルのChromeに次いで2位となっている。マイクロソフトが15年10月に、IEの後継として提供を開始したEdgeは6.3%と、IEの半分以下のシェアしかない。

IE11が高いシェアを維持する一方で、マイクロソフトはEdgeが登場した15年からIEの開発を原則、止めている。その結果、ウェブシステムの開発に欠かせないHTML5やJavaScriptの新しい標準機能が、IE11では利用できないケースが多い。大規模だったり複雑だったりするウェブアプリケーションの開発に必須のJavaScriptフレームワークも、IEを対象にしていないものが増えている。

「利用やめて」4年以上前から

こうした状況下、マイクロソフトも対応に苦慮している。「当社は以前からIEの利用をやめるように呼びかけており、引き続き働きかけてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2154文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン