2019年4月23日(火)

スパコン「京」8月停止 後継機開発、撤去へ

2019/2/6 12:04
保存
共有
印刷
その他

理化学研究所のスーパーコンピューター「京」(神戸市)が8月に運用を停止し、その後撤去されることが6日、理研への取材で分かった。2012年9月に本格稼働してから約7年での運用停止となる。理研などが後継となる次世代スパコンの開発を進めており、京と同じ場所に設置して21~22年ごろの運用開始を目指している。

スーパーコンピューター「京」(神戸市)=共同

京は医療や気象予測、半導体開発などさまざまな研究のデータ計算で利用され、スパコンの計算速度を競うランキングで世界1位を獲得したこともある。06年に政府主導で開発が始まり、12年6月に完成。開発費は約1110億円だった。

理研によると、今年8月16日に外部の研究者や企業による利用を停止。同月中にはシステム自体をシャットダウンする。撤去後に大部分を解体することにしており、費用は数億円が見込まれている。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報